MUSIC

OPENING THEME

ミスターフィクサー

Sou
オープニングテーマを担うのはインターネットの世界を原点に、"存在感" と "才能" を飛躍させているボーカリスト Sou 。『ID:INVADED イド:インヴェイデッド』の世界観を Sou 自身が飲み込み、今作のために書きおろすオリジナルの新曲となる。
楽曲名は「ミスターフィクサー」

Sou

PROFILE

YouTube チャンネル登録者数 68万人、Twitterのフォロワー数41万人など、 インターネットの世界を原点に、すでに堂々たる存在感と才能を飛躍させるボーカリスト。ネットを活用する現代的なスタンスで、2019年には初の自作曲「愚者のパレード」を公開し、約200万再生を突破。動画という形で次々に音楽を発表、持ち前の音感の良さと中性的な質感を持った声による表情豊かな歌唱スタイルを備えており、セルフプロデュースによる投稿を繰り返すことでその勢いは増すばかり。7月31日に発売した2nd Album「深層から」は自身最高位となるオリコンデイリー3 位を獲得。初の東名阪ワンマンツアー「深層から見た景色」を即SOLD OUT させ、自身にとって最大規模のZepp DiverCityで追加公演を控えている。

ENDING THEME

Other Side

MIYAVI
アルバム『NO SLEEP TILL TOKYO』に収録された「Other Side」が、2020年放送TVアニメ『ID:INVADED イド:インヴェイデッド』エンディングテーマに決定した。 また、第1話挿入歌もMIYAVIが担当することに決定!

Photo credit by Ben Duggan

MIYAVI

PROFILE

アーティスト / ギタリスト
エレクトリックギターをピックを使わずに全て指で弾くという独自の“スラップ奏法”でギタリストとして世界中から注目を集め、これまでに約30カ国350公演以上のライブと共に、7度のワールドツアーを成功させている。現在アメリカを皮切りにヨーロッパ、アジアをまわる8度目のワールドツアー中のMIYAVI。7月24日には3年ぶりのオリジナルアルバム『NO SLEEP TILL TOKYO』を全世界で発売。発売日にはドジャースタジアムで行われた大リーグ始球式での国歌演奏で観客を魅了し、日本、アメリカにて話題騒然となった。アンジェリーナ・ジョリー監督映画「Unbroken」(2016年日本公開)では俳優としてハリウッドデビューも果たした他、国内では「BLEACH」「ギャングース」、国外では「コングー髑髏島の巨神」「マレフィセント2」(2019年10月日米同時公開)への出演、モデルとして、Yohji Yamamoto, Y-3、最近では、Moncler BEYOND ワールドワイドキャンペーンに抜擢されるなど、各方面でも注目を集めている。映画『Mission: Impossible ‒Rogue Nation』日本版テーマソングのアレンジ制作、HONDA コマーシャル楽曲、SMAPへの楽曲提供をはじめ様々なアーティスト作品へ参加するなど、国内外のアーティスト/クリエイターから高い評価を受けている。2017年にはUNHCR大使に就任。常に世界に向けて挑戦を続ける“サムライ・ギタリスト”であり、ワールドワイドに活躍する今後最も期待のおける日本人アーティストの一人である。